南三陸から海鮮と魚介類をお届けします【山内鮮魚店】

      2018/02/16

「全国のお客様にこの感動するほど美味しい海の幸をお届けしたい」

そんな思いで南三陸の港町から海鮮を全国に届けている鮮魚店があります。

大切にしているのは「人」の力。

南三陸には、人と人がふれあい、助け合い、育んできた風土があります。

生産者が大切に育てた海の幸を

漁師が命がけで水揚した鮮魚を

【山内鮮魚店】は「確かな品質」で食卓に「笑顔」を届けてくれます。

大切にしているのは南三陸の「人の力」。

海に生かされ、海と共に生きる港町から

どこにでもある海産物ではなく

ここにしかない海の幸を自信をもってお届けしています。

一級品を育む、南三陸の海。

穏やかな海、心地よい潮風。絶景が織りなす南三陸の自然、春は一級品と言われる三陸わかめ、夏は絶品のほや、そして繊細な天然ムラサキウニ。秋は秋刀魚、冬はきらきら輝くイクラと感動するほど美味しい寒鱈。
内湾には養殖棚が並び、驚くほどおいしいホタテと牡蠣が育ちます。南三陸の海は、一級品を育む海でもあります。感動するほど美味しい海の幸、そのひみつをご紹介いたします。

  • ”世界でも三つ”しかない恵まれた漁場の一つ。それが「三陸沖」です。
  • 世界三大漁場と言われる金華山沖。宮城県のちょうど中間に位置する場所です。一般的に岩手県沖を「北三陸」、宮城県沖を「南三陸」と呼び、南三陸町はまさ にその中間地点に近い場所にあります。
    三陸沖が世界三大漁場と言われる所以は、北から南下する冷たい海流「親潮(魚類を育てる親となる潮)」と、南から北 上する温かい海流「黒潮」がぶつかる場所を要しているから。
    三陸沖は低温・低塩分で溶在酸素量が多く、栄養塩に富んだ場所として、魚類が育つ世界でも数少ない場所なのです。

  • 素材の本質を活かす「独自の製法」
  • 【山内鮮魚店】のこだわりは創業以来、一貫した「保存料無添加」の製法にあります。
    素材を知り、美味しい時期を見極めれば、味を調整する添加物や着色料などは必要ありません。
    その食材がもつ美味しさを磨くこと。
    ひとつひとつの水産加工品を「真剣に、真面目に」一から手造りしています。

南三陸からお届けする確かな品質の海産物。

一級品を全国の大切なお客様にお届けするという強い想いを持った【山内鮮魚店】をぜひ利用してみてください。

 - グルメ, 通信販売