駅近く設備一式あり、片付けなし、ゴミ捨て場ありの楽ちんバーベキュー

      2017/12/01

先日、秋のすがすがしい天気の日曜日に親しい仲間達とバーベキューをやりました。

郊外とはいえ、駅から1分の便利な場所にある公園内にバーベキュー場はありました。
ちょうど地元のイベントが開催されていて、友達同士、家族連れ、カップルなどさまざまな人たちで賑わってました。

バーベキュー場は、公園の一角になんとなく区切られたエリアに10人ぐらい用のテーブル&イスのセットが10セットぐらいあったろうか、各テーブル間のスペースは十分にあって、他のグループを気にすることなく楽しめる余裕の配置です。イスはディレクターズチェアとかいう折り畳みイスといえども、ゆったりと座れるタイプで、木のベンチや切り株、石のイスとは大違いの快適さでありました。

河原や海辺でのバーベキューは、皆少なからず経験あるでしょう。行きは、テーブルやコンロ、飲み物・食材などで大荷物を抱えて大変な思いをし、帰りは、片付けとゴミの持ち帰りが大変です。また、帰ってからも鉄板や網を干したり片づけたりの作業が残っています。バーベキューは、割と重労働で面倒なレジャーですね。

もちろん、こんな面倒で重労働の大変な思いをしなくて良い、有料のバーベキュー場は、これまでもありました。ところが、今回行ったのは、飲み物と食材は持ち込んだとはいえ、駅1分の好立地で一人たったの1,000円です。しかも、墨や網、鉄板、トング、包丁、皿、割りばし、調味料などバーベキューに必要なものはすべて揃っていての金額です。でもなぜかコップはありませんでした。コップはコストが高いのか?ちょっと不思議。

片付けは、ゴミ捨て場に分別して捨てるだけです。それだけ。とても簡単。あとは、電車に乗って帰るだけです。

後でネットで調べたら、似たようなバーベキュー場があちこちできているようですね。以前からあるバーベキュー場とどこが違うんだろう?カマドではなくコンロを使っているし、固定の設備がありません。テーブルやイスをどければ何の痕跡も残らないのです。
また、飲み物・食材を除いて追加料金が一切ありません。今までのバーベキュー場では、なにかしら資材にお金が取られていたはずです。それがないのです。採算が合うのでしょうか?

よくわからないが、とにかく、またぜひ利用したい気持ちです。

 







 - レジャー, 休日, 日記